名入れカレンダーに関してのお問合せやご注文は「名入れカレンダー印刷のnaire.biz」にてお願いいたします。naire.bizは、約300種類のカレンダーを扱う名入れカレンダー印刷専門サイトです。
<<ブログのトップ

2010年08月08日

ブログのお引越しをしました。

突然ですが、当ブログ「カレンダーガールは知っている」はお引越しをしました。

ブログシステムを変更したので、デザインもちょっと模様替えしました。
ぜひご覧ください。

内容は今までと変わらずに続けてまいりますので、 今後ともどうぞよろしくお願い致します!

新しいブログアドレス

カレンダーガールは知っている
名入れカレンダー印刷販売サイト(naire.biz)の公式ブログ
http://www.naire.biz/blog/
posted by naire at 10:14| Comment(5) | TrackBack(0) | スタッフの独り言

2010年08月06日

カレンダー印刷はおまけ?

いくつかの商品やサービスを扱っている業者さんが、受注をする為に利益度外視でプライスダウンをするという事が時々ありますが・・・。

本当は、そういう事をしてしまうと価格崩壊が起こり、
その業者自体も赤字仕事を抱える事は隠れた痛手となっているわけで、
よろしくない事ではないかと思います。

でも、カレンダーってなぜか、販促品という性質
(販売側から見ると、お客様が直接使うものではなく、お客様のお客様にお渡しするもの)
のせいか?そういう扱いをされることもあります。

印刷料金のお見積をお出しする際に、卸値を割るほどのありえない価格を小耳にはさむ事もあり、時々びっくりする事があります。

確かに安いに越したことはないですが、カレンダーは年末に受注が集中しかなり混雑します。
必要な時に手元に届かないとか、注文したものと違うとか・・・
小さなミスでも、実質無料の様な注文をしてしまうと取り返しがつかない事もあります・・・
あまりに安すぎる場合には、そのあたりの確認をよーくなさる事をお勧めします。
posted by naire at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフの独り言

2010年08月05日

小ロットカレンダーはお得か?

カレンダーもそうですが、これは印刷物全般に言える事・・・
「小ロットはお得か?」という疑問です。

印刷物を作ることの大変さは版下を作成するところが大きく、
印刷の基本料金があり、枚数に応じて料金が段階的に高くなっていきます。

なので、そういった印刷料金全体をひとくくりで考えると、印刷枚数が多ければ多いほど1枚当たりの単価は安くなります。

印刷という作業は人間が操作をしますが、手足を動かす事はなく、機械が印刷します。
なので、100枚印刷しても、1000枚印刷しても、大きな違いにはなりません。

これが印刷料金の基本。
でも、分かってはいるけど、少ない部数の印刷物(カレンダー印刷)が必要な時もありますよね。

「せっかく作っても使いきれない(配りきれない)」
余ってしまっても他に使い道のないものですし、置き場にも困ります。

ただ、なるべく小ロットとしての割り増し料金はかからない方がお得です。
どうしても少ない部数というのでも、ギリギリ追加料金のないところに収めておくのが一番お得です。

ましてカレンダーのような販促物は貰って喜ばれるものですので、
自信を持っていただいてお配りいただければと思います!

皆様の商売繁盛を応援しております♪
posted by naire at 19:08| Comment(0) | TrackBack(1) | スタッフの独り言

2010年08月02日

植物や花も熱中症対策!

月曜日は毎週、『観葉植物に水をあげる日』となっているカレンダーがールです。

今朝も、私の背丈よりも高く今でもぐんぐんと伸びている観葉植物に水をあげていたところ、
暑さのせいか、ものすごい吸収力で土の中に水分が引き込まれていきました。
まるで人間がごくごくと水を飲んでいるかのよう。

「熱中症になるから水分はしっかりとろう!」と人間は呼びかけあっていますが、
植物も喉が渇いているんですよね。
暑さにやられてしまわないように、ちゃんとお世話をしてあげたいと思います。

さて、植物と言えば・・・
花のカレンダーは人気の高いカレンダーの一つですが、
中でも今のところ一番人気は「フローラルヒーリング(花療法)」カレンダーです。

鮮やかで美しい色遣いと、フラワーアレンジメントのきれいさとそれを引き立てるシンプルな文字デザインがポイントかと思います。
女性はもちろんのこと、絵画的な雰囲気もありますので、品格を好まれるお客様には特に喜ばれるカレンダーです。
posted by naire at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフの独り言
Powered by さくらのブログ